肩甲骨の評価①

Shape-labでは姿勢評価に関するセミナーの開催・電子書籍「はじめての姿勢評価」を出版しています。

その中で「肩甲骨」においては

・肩甲骨の評価①(水平面:外転・内転、外旋・内旋)

・肩甲骨の評価②(前額面:外転・内転)

・肩甲骨の評価③(矢状面:挙上・下制、前傾・後傾)

・肩甲骨の評価④(前額面:挙上・下制)

4つのやり方を紹介しています。

今回は、肩甲骨の評価①について解説をします。

スポンサーリンク
目次

肩甲骨の評価①

評価基準

基準:肩甲骨が前額面に対して30°の傾き

手順

①クライアントは腰幅で立ち、背中側から評価を行います

②肩甲骨の位置を確認します

③肩甲骨が前額面に対して30°の傾きとなるか評価をします

評価結果

評価結果は以下の3つになります。

・前額面に対してが30°の傾き

・傾きが30°以下

・傾きが30°以上

考察

□30°の場合
・問題なし

□30°以下の場合
・肩甲骨内転もしくは外旋

□30°以上の場合
・肩甲骨外転もしくは内旋

まとめ

一般的に肩甲骨の評価①の結果は、肩甲骨が外転しているか?内転しているか?判断するために用いられます。

しかし考察で、内転もしくは外旋、外転もしくは内旋とあります。

肩甲骨の評価①だけではどちらから判断することはできません。

判断するためには、肩甲骨の評価②の結果とあわせて考察する必要があります。

やり方は、肩甲骨の評価②の後に解説をします。

参考書籍:はじめての姿勢評価

購入はこちらから → https://amzn.to/43uCu3r

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次